Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

2020年03月

こんにちは。
本日、在宅勤務が4月半ば以降まで延長になることが決定しました。
なんとなくわかっていたことではありますが。

正直不便だけれども、この状況で仕事があるだけ、本当にありがたいと思っています。
少しずつできないことが増えていくけれども、徐々にこの新しい生活に、慣れつつあります。

昨日から、「不急でない」サービスがクローズとなりました。

  • 映画館、劇場
  • ジム、屋内のスポーツ施設
  • パブ
  • 教会、モスク

などが閉まり

  • スーパーマーケット
  • ガソリンスタンド
  • コンビニ
  • レストランは、テイクアウェイとデリバリーのみの営業
  • 酒屋
  • 銀行
  • 宅配サービス
  • 美容院

などがまだ開いているようです。

ただ、「不急のサービス」の概念がかなり曖昧で、例えばお花屋さんとかも開いてるみたいです。
事業主に個別に通達が行くわけでもないみたいだし、従わなかったら罰則がある、とかもよくわからないし
その辺がちょっと曖昧で疑問を感じてます。


美容院も、不急のサービスに入らないのかな?と思ったけど
美容師さんとかはおそらく個人事業主の方が多いので
できるだけ失業する人が増えないようにのことなのかなあ?と思いました。

今日は、初めてフランス語のレッスンがオンラインに切り替わりました。
初めてだったので、多少の混乱はありましたが
ここまでくると、レッスンが継続されるだけ、ありがたいと思っています。
講座を継続する努力をしてくださる学校と先生に感謝です。

IMG_5321

色々ありますが、ワインがあれば、なんとか。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

こんばんは。

58428FDC-EBE7-45B7-9E61-4AC5D0D63A88_1_105_c
ニュージーランドの中野くんの九能ワイン、ナルキッサス。
オーストラリアにも入荷しましたよ。
すごくいい香り!ゲヴュルツ?と聞いたら、色々混じってるそうです。

先日オーストラリアの首相が
オーストラリアに入国した全ての人は14日間の自主隔離を求めると発表しました。

私たちは先週金曜日から自宅勤務となりました。

会社によって対応はまだバラバラのようですが
多くの人がリモートワークをしている状況です。

私の勤務先は今月いっぱいはとりあえず自宅勤務です。
モニターが小さくてやだなーと思ってましたが、なんとか慣れました。
各種ミーティングや出張もキャンセルとなりました。

オーストラリアは基本自宅で仕事をするというのは普通にあることなので
この辺は日本よりも素早く切り替えができたのではないかと思います。

お店は開いてますが、うちの近くのスーパーマーケットでは
トイレットペーパー、ハンドサニタイザーなどの衛生用品、
米、パスタ、缶詰食品、冷凍食品、お肉などが品薄な模様です。
が、完全に売り切れてるというわけでもないようです。
肉以外の生鮮食品は今のところ普通でした。
カフェではキープカップ(マイカップね)の持ち込みを断るお店が増えてきました。

500人以上の集まりが禁止、とのことで
5月いっぱいまでの各マラソンなどのスポーツイベント
学校行事、劇場関連、お祭り、セミナー、ワイン系のイベントなどが中止となっています。

今日週1のフランス語のレッスンに行ったら
導入でき次第、オンライン講座に切り替える態勢を整えてるとのことでした。
室内での少人数の集まりも避けるようにという通達が出たことによるものと思われます。
このままだとフランスのように学校やレストランも閉まるかもしれません。
カンタスとジェットスター航空はフライトの90%が休便になったとか。


でも、マラソンは中止にはなったけど、まだ走ることはできる
会社には行けないけど仕事と収入はある
食べるものもあるし
服も洗える、シャワーも浴びれる。
ネットもあるし、本もある、ワインもある。

900A177F-8AE0-43AA-880F-92ACEA7C5129_1_105_c


・・・まあまあ大丈夫な気がしてきた。

状況が随時変わっている状態なので
いつこの状況がどうなるかは分かりませんが
政府の偉い人にもお医者様にもわからないようなので

私はできる仕事をしようと思います。
とりあえず、気分を上げるためにお気に入りのハンドソープを買ってみました。


皆様もどうぞ、出来るだけ心穏やか過ごせますように。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

久しぶり、でもないんですがBKワインズ💚
日本にもファンの多い彼のワインは安定して
何を飲んでもいつも大抵美味しいのですが
今回彼のグリューナーを(たぶん)初めて飲みました。
コンクリートエッグ

これは、本当に、美味しい。
クリスマスの朝みたいなスパイスとテクスチャー。
クリスマスの朝・・・って言ってわかる日本人いるかな。。。
シナモン、クローヴ、みたいな甘い茶色いスパイス。

グリューナーって「白胡椒と青リンゴ🍏」
ってよく揶揄されてると思うんですが
白胡椒っていうよりはもうちょっとProminentな(主張の強い)スパイスの印象があります。

美味しすぎて、ご飯ができる前に飲み切ってしまったわ。
D0C836A5-A1C7-4A6A-8E4B-2753C6A928ED

今年のBKワインズは、また一段と美味しいです!
今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

1月にタスマニアに行ったときに買ったワイン。
Small Island Winesのガメイとシャルドネ!
F2A2CE8E-027C-43FD-A5E1-22AA6E707F37_1_105_c

2品種とも今年初のリリースです。
私のお気に入りはガメイ、うまー!
シャルドネも美味しいけど、タスマニアのガメイ、ってまだまだかなり希少っていうこともあり。

一部のレストランや小売店の在庫で探してみてください。

Pooleyのシャルドネに関しては試飲したときまだまだ若い印象でしたので
しばらくセラーに入れることにしました・・・と言っても2年ぐらいと思うけど。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

先日大変貴重なソーヴィニヨン・ブランの酒精強化ワインをいただきました。
オーストラリアでは酒精強化ワインの歴史は長く
今では流石にその需要は下がってきているものの
この国のワインの歴史の礎となった酒精強化ワインの存在価値の大きさは否めません。

11370151-CA73-4138-963B-8AF2BE4A173C_1_105_c

オーストラリアではシラーズ、そしてポートワイン系の品種や、マスカットなどで酒精強化ワインが作られていますが
ソーヴィニヨン・ブランで作っているのはおそらくハーディズだけではないかと。
強い酸味とアロマティックさ、ということでマスカット系の酒精強化と似たスタイルです。

つくづくオーストラリアってなんでもありなんだなーと。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



↑このページのトップヘ