Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

2017年03月



Capture

日豪プレスの記事がアップされました。
今月はマルサンヌとルーサンヌです。
続きはこちらから→

ウェブ版が出るころには、次の記事の締切り、というのがいつものパターン。
ちなみに来月からは産地にフォーカスして書いていきます。

マルサンヌとルーサンヌは好きな品種です。
柔らかでアロマティックな白が、とても好きです。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

羊の国から来て下さった皆さん、ありがとうございます。
カリスマブロガーゆうさんの影響に改めてビックリです。

***ここからは、ゆうさんのブログの読者さん向けの記事になります。***

チェイスくんとエビスくんをワインに例えるというお話、
実はゆうさんとは最初全く意見が分かれたのです。

ゆうさん的には、「エビスはソーヴィニョン・ブランじゃない?」とおっしゃってたんです。
で、私がいやいやもっとジェネラスでたくましい感じでしょ、というのでシャルドネ、と言っちゃったわけなのですが
きっと、それはゆうさんの視線が私の視線と全く違うものだったからです。

シャルドネはまろやかでフルボディのリッチな白ワイン。
ソーヴィニョン・ブランは酸味がキリッとした、爽やかで、元気いっぱいな、弾けるような白ワイン。人で言うと、ボーイズグループみたいな。

犬のお母さんとしてゆうさんの視線の先には、爽やかで無垢で、すごく可愛いハンサムなエビス君がいるのだろうな。
母目線で見たエビス君は、可愛くて可愛くて可愛くて、確かにソーヴィニョン・ブランみたいだったのです。



ワインの擬人法、よくやります。その逆もね。
ゆうさんのお店、Mokaiでメルマガ書いてます。良かったらご購読(無料)ください♪

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ!inシドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

セントラル・オタゴで伝統方式のスパークリングワインを作るQuartz Reefのロゼ。

フルボディなのでフルートではなくワイングラスで頂きました。
しっかり骨格があってドライなロゼ・スパークリング、美味しい!!




セラードアでも、大変お世話になりました。


「結子さんの将来の夢は何?」

先日、ニュージーランドで聞かれました。
なんせ今年で38歳、そんなことを聞かれたのも久しぶりなので、それを考えたのも久しぶりでです。

そういうと、「何言ってるの!まだまだやりたいことできるよ!夢見てて大丈夫だよ!」と背中を押してくださいました。

最近「自分の実力ならもうそろそろ限界はこんなものなのかも」とどこかで思ってました。

今は毎日の仕事をこなすのが精いっぱいで、現状にすごく満足してるわけでもないけど、
不満というよりも、方向転換の行き先がわからなくなって、煮詰まっているところ。

でもいつか、またなにかわくわくするような、新しいことを始められるのかな。




羊の国の皆さん。下が切れちゃってますが、フェンスに爪先立ちで乗りだしてきたサマンサちゃん。
お顔もかわゆい。



小さくて柔らかくて、アーティスティックなコートもグリーンの瞳も、絵画のように美しいテオさん。



羊の国の皆さん、ありがとう♪
今日の記事に、書いてもらいました




ちなみにクロエちゃんのイメージのピノはこんな感じ。




 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


ニュージーランドに居る間は、地産地消に徹してニュージーランドのワインばかりを飲んでました。
ので、久しぶりのオーストラリア・ワインです。
ウニコ・ゼロのメルロ、タブーです。

オーストラリアのメルロって、そんなに特別もてはやされることがあまりない品種ですが
このメルロは美味しいですよ!
 
最近ずっと煮詰まっていたので
ニュージーランドの美しい自然と
美味しいワインと
優しい人々に癒されて

また少し、頑張れそうです。
創作意欲もまた沸いてきました。
これが消えないうちに、どんどん書かなければ!!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


 

クィーンズタウンは小さな町なので、外食の選択肢は限られています。
カジュアルなお店は色々あるのですが、1度ぐらいはちょっとしたレストランで食事がしたいな、ってことで、ジョシュ・エメットというシェフの手掛けるレストラン、Rataへ。
Rata Facebookページ

3コースのランチが38ドル(ワインとかは別ですが)、クオリティ高いのにかなりお安い。
ディナーはアラカルトなのでもっと高いと思いますが。
こちらは前回ご紹介した、Zenkuroのお酒がリストに載っています。

zenkuro

ソムリエさんがとっても気さくで、ポーズとってくれました。
ピーチ・リキュールと濁り酒をベースにしたカクテルもあるんですって。

tartar

ステーキ・タルタルにワサビ味のスナック豆を合わせた前菜。
ZenkuroのDrip Pressed Shizuku Shibori 雫しぼり純米酒と一緒に頂きました。

southern lsland cheeseroll
ニュージーランド、南島の名物?サザンアイランド・チーズロール、ジョシュ・エメット版。

 porkbelly

wines
私のメインはポークベリー。ニュージーランドのオレンジワインにしたよー。
orange wine
 Tongue in Groove タン・イン・グルーヴ。
個人的には始めて飲むニュージーランドのオレンジワインです(たぶん)。
ポークベリーとバッチリの相性。

夫は同じタン・イン・グルーヴのピノ・ノワール。



スルスルと体にしみこむようなワインでした。

 あ、やっぱり日本の輸入元はワインダイヤモンズさんなんですね。
 凄いなあ、というかさすがです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

↑このページのトップヘ