ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

2016年08月

本日はハーフマラソン。

ご褒美に買ったワインがこれ。


I'm flyinga way, I'm flying a... Petillant Naturel Pinot Noir Yarra Valley 2015
ペティヤン・ナチュール。
ボーン・ドライに当たる極辛口です。
ちょっとブラン・ド・ノワールのスパークリングに似たフィネスが。

ペティヤン・ナチュール、オーストラリアで流行ってますね。
最近よくモダンな生産者の間でよく見かけます。
このラベルも可愛い!
しかし、オーストラリアのPNはかなりパワフルな泡がシュワシュワと。
全然微発泡じゃないよねー。

Tim Wardという生産者は、正直初めて聞きました。
これから注目してみます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから




 

まさかの連続更新。



「バロッサの男爵」と親しまれ、バロッサのブドウの農家を救済した
伝説のワインメーカー、ピーター・レーマンの息子さんが作ったというワインを
夫が持ち帰りました。
デビッド・フランズ・ハイドロリック・プレス・シラーズ
David Franz Hydraulic Press Shiraz 2013Barossa
https://david-franz.com

ん?息子なのに苗字が違うの?と思ったら、
David Franzはファースト・ネームとミドルネームで、フルネームはDavid Franz Lehmannなんだそうです。
第一印象は、トラディショナルとモダンのちょうど間のようなシラーズ。
酸もしっかりと感じられ、ボテッとした【ちょっと野暮ったい】かつてのシラーズのイメージを払拭する酸とストラクチャー。
一方で果実味しっかりと感じられ、そこはオーストラリアのシラーズの、力強さをしっかりと感じられます。
H.P.って、ハリーポッターみたい?

これがお父さんの名前のついたワイン。




 今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

ラ・プローヴァのピノ・グリージョ。アデレード・ヒルズです。

http://www.scottwines.com.au/la-prova/


パリッとさわやかなリンゴとナシの香り。
ちょっとナツメグのような香りも。

ロッソも美味しいですよ。

ピノ・グリは貝とあわせるのが好きです。



ピノ・グリとピノ・グリージョは同じ品種でその違いの定義はかなりあいまい。
前者がアルザス風、後者がイタリア風、のときもあるけど
オーストラリアに関して言えばそれも絶対じゃない。
から、結論から言えば、気にするな。としか言えない。
のですが、これをお客さんに説明しても、頑として違うと言い張る人も居たりします。
ので、まあ啓蒙活動のひとつと言いますか。

素敵な週末をお過ごしください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから

 


先日頂いた新しいピノ・ノワール。
Stuart Proud Eagle Pinot Noir 2015 
スチュワート・プラウド ・イーグル・ピノ・ノワール2015
ニューサウスウェールズでは12ケースしかストックが無いらしい。
とろっとしてまろやかなテクスチャー。
キドニー豆みたいなほっこりとした香りがします。

 Thousand Candlesってワイン、聞いたことありますか?
ウィリアウム・ダウニーという、ピノ・ノワールに情熱を注ぐワインメーカーのプロジェクトだったこのワインに
ブドウを提供しただか、このスチュワートさんが栽培チームだったか、そのどっちもだったか。
なんだか良く分からないけど、そんなことらしい(いいかげん)。



 
今週のシドニーは突然また気温が下がって
もうすぐ春?と思っていた矢先にまた冬に舞い戻り。
なんだかだまされた気分です。

大きな仕事がひと段落着いて、ちょっと余裕が出てきました。
またチョイチョイ書いていきますね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから 



オーストラリアでワインを作る女性、ラドクリフ敦子さんのワインを、初めて頂きました。
Small Forest by Atsuko Chardonnay 2015 Upper Hunter Valley
Facebook Pageはこちら→

オークの使い方が上品でいい塩梅にトロリとした質感が魅力。
とてもバランスの良い、ウィークデー・ワインですね。

これはヴェルデリョ(ヴァデーロになってるけど)。



ハンター・ヴァレーには何度も行ってますが
実は行ったことがあるのはローワー(Lower)・ハンター・ヴァレーばかりで
アッパー(Upper)・ハンターの敦子さんのワイナリーには、実はまだ行ったことがなくて
行かなくてはいけないPriority Listの、かなり上位に入ってる場所です。
ハンター・ヴァレーと一言に言ってもかなり広く、
LowerとUpperで降水量を含む気候がやっぱりかなり違うようです。
次のお休みに、行ってみたいなあ。

ところで、ホームオフィスを作ろうと、倉庫になっていたセカンド・ベッドルームを整理していましたが
その後、諸事情ありリビングの片隅にデスクを移さなければならない時期があって
結局そのままそこが仕事場になっちゃいました。

晩御飯仕込みながら作業したり・笑


寒い夜は布団をかぶり。本棚にも近くて、割と快適。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。


LINEの読者登録はコチラから
 

↑このページのトップヘ