ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

2016年02月

あとお久しぶりです。
すごく時間が空いてしまいました。
本当は毎日必ず書く!と思って始めたブログなのに・・・

なぜかというと、2月に入ってから、ありがたいことにフリーのお仕事が2件増えたからなのです。
ついでに既存の顧客からのプロジェクトのオファーも1件。
他にも色々ありまして、かなりバタバタしながら気がつけばもう月末。

そう、日豪プレスの他にもう1件、連載でコラムを書かせていただけることになりましたので、そちらはまた改めてお知らせしますね。
 
新しいリズムができるまで、更新は毎日はできないかもしれませんが
美味しいワインをまた少しずつご紹介させていただきますので、宜しければお付き合いください。



Patrick Sullivan Good Morning Tom Pinot Noir
パトリック・サリヴァン・グッド・モーニング・トム・ピノ・ノワール
http://patricksullivan.com.au/
46ドルです。
モーニントン・ペニンシュラのピノ・ノワール。
このイラストに描かれているのは、パトリックの盟友トム・ショブルック。
これもまた、強烈なインパクトのラベルですね。

パトリック・サリヴァンのワインは本当に自然との距離が近い感じがします。
最近その新規のコラムを書きながら、バイオダイナミック農法について改めてまた勉強し直してみたいな、と思うようになりました。
「生命体のサイクル」という概念が、スピリチュアルだけど科学的でもある、ような。

さて、明日から実はメルボルンです。
久しぶりのヴィクトリア州!
写真いっぱい撮ってきますね〜。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



【モテるワインのコンシェルジュ Jouir】


 

みなさま、ハッピー・バレンタイン。

タイムリーに日豪プレスの記事のウェブ版が出ました→
よかったら読んでください。


写真は昨日のワインですが、
マイク・プレスのロゼ、こちらも我が家の定番です。
Mike Press Pinot Noir Rose 2015
色は鮮やかでキリリと辛口。プールでひと泳ぎの後、このままグビグビっと飲めちゃいますね。

こちらのバレンタインはちょうど日本のクリスマス・イヴのように
カップルで過ごす日になっていますが
夫は仕事、私も家で仕事(書く方の)で、普通の日曜になりそうです。

会社の同僚の女の子(フランス人・28歳)が「私、バレンタインに外で食事するのはもううんざり!レストランの隣の席のカップルと張り合わなきゃいけないし!」と言っていました。

・・・笑( ´∀`;)

バレンタインとかクリスマスイブって、若い方は隣に座ってるカップルが気になるものデスか?
付き合いたてのカップルって、目の前にいる好きな人しか見えないっていうようなモンじゃないのかしら。
気にしたくなくてもやっぱり気になるお年頃なのかしら。(覚えてないよー笑)
ちなみに彼女とその恋人は、付き合って1年目なので初めてのバレンタインなんだそうです。

色々クエスチョン・マークが頭に5つぐらいポンポンポン、と浮かんだ36歳。
隣のカップルのことなぞ気にせず、彼女がラブラブ過ごしていることを願います。

いいなー若者は。




良い日曜日をお過ごしください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



 


こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。


Harvest Sauvignon Blanc 2015
これはユニコ・ゼロのカーター夫妻と栽培家ポーター一家のジョイント・ヴェンチャーだそうです。
新しいソーヴィニョン・ブランです。なのでユニコ・ゼロのウェブサイトには載ってませんでした。
ユニコ・ゼロはヒップスターで型破りなワインばかり、と思われていますが
ファンダメンタル(ごくごく基本的)なワインもちゃんと作れるんだよー、
ということを言いたくて作ったワインだそうです。

ピュアでクリーンで、すごく丁寧に、きれいに作ったんだなあと思うソーヴィニョンブラン。
たまにある独特の青臭さもなく。お花やライムの香り、りんごジュースみたいなピュアさ。

数年前のユニコ・ゼロのソーヴィニョンブランは、樽熟成で無濾過で、ちょっとオルタナティブなスタイルでしたが
これはスタイルとしては、もっとフレッシュで爽やかな、より一般的なスタイルです。

良い週末をお過ごしください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



【モテるワインのコンシェルジュ Jouir】





 

こんにちは。

本日のワインはホドルス・クリークのピノ・ブランです。
http://www.hoddlescreekestate.com.au/


このピノ・ブランは噛みごたえのしっかりとある、梨のような味がしました。

オーストラリアにはいろんな種類のフルーツが売られていますが
Corella Pears という梨に似ているなーと思いました。


こんな梨。

日本の梨はみずみずしくて甘いイメージですが
この梨はもっと凝縮していて 果肉が固い。
そして、何より疲れた心身に、なんだかじわじわっとくるワインでした。
主張しすぎず、控えめなんだけれども、ちゃんと美味しいし、しつこさもなく。


ピノ・ブランって、主役にはなることが少ない品種なのかもしれませんが
実はすごく美味しいワインがたくさんあるんですよね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。




↑このページのトップヘ