ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます。


 
Woods Crampton Sleeping dogs Dry Red 2014
ブレンドはグラシアーノ、ボンヴェドロ、マタロ(ムーヴェドレ)。
http://woods-crampton.com.au/

ベリー系フルーツとオレガノのようなドライハーブの香りがうまく折重なっている赤ワイン。
結構アルコールが高めで温かい口当たり。
このままで飲んでも、ポークチョップみたいなお料理と合わせても良いでしょう。
ブラックペッパーをたっぷり効かせると合いそうです。
ドライハーブを効かせた、煮込み料理などもいいかもしれません。

ここ数日立て続けに嬉しいお仕事のオファーが。
詳細決まりましたら随時ご報告いたします。

5年前、10年前から考えれば、全くもって思ってもみなかったところから
不思議なご縁がいろいろ重なって
お仕事に繋がったり、あるいはずっと音信不通だった人とまた繋がれたりと
ここ数年、「ご縁」という言葉の重みをつくづく感じています。

「すべてのことには理由がある」
良いことも悪いことも、いずれ起きるであろう良いことに、きっと繋がっている。
特に誰に言われたわけでもないですが、そう思うようになってからは、時には辛いと思えることも受け止められるようになりました。
ワインが繋いでくれるご縁。本当に、毎日、感謝、

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



チョコレート、もう買った?

 



こんにちは。今日もご訪問ありがとうございます。
 
デイリーユースワインパート3。
本日のワインはカラブリアのネロダヴォラ。呪文みたい。
シシリアの品種ですよ。
Calabria Private Bin Nero d'Avora 2014

あまり何も考えずシラーのグラスで飲んでしまいましたが
軽やかな赤ワインなので小さめのキアンティのグラスが良かったかなと。
グラスでワインの味は結構変わります。でもまあ、たまには別にいいか。

ちょっとラズベリージャムみたいな甘味が美味しい。
グイグイっと飲めてしまう軽やかさが良いです。お値段も優しめ!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。













 

こんにちは。
今日もご訪問、ありがとうございます。

 


美しいモーニントン・ペニンシュラより
パリンガ・エステート・ペニンシュラ・シャルドネ2014
27ドル。
Paringa Estate `Peninsula` Chardonnay 2014 Mornington Peninsula
http://www.paringaestate.com.au/ 

パリンガのワインは3段階あって、これは一番お安いシリーズ。
リッチで樽香がかなりしっかり目のシャルドネです。
熟した黄色い桃のような凝縮した香りがします。
でも口当たりはでも意外と軽やか。
正直そこまでコンプレックスなワインではないですが、平日の夕飯と気軽に飲める感じのスタイルです。


モーニントン・ペニンシュラは、本当に本当に美しいワイン・カントリーで
いつか本当に引っ越したい場所です。
ヴィクトリアは、シドニーよりもずっと寒くてお天気も気まぐれですが
なんとなく肌に合う気がしています。

シドニー在住も、この4月で丸7年。
メルボルンに住んでいたのは10年以上前で立った2年間なのですが
それでもなんかメルボルンの方がいいな〜と思ってしまいます。
シドニーも、大好きですけどね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

ブログランキングに参加しています。1クリックにつき10ポイントいただいてます。よろしければ下のコアラとアルパカくんを、ポチッと1クリックお願い致します↓
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
↑アルパカに特に意味はありません。



1000時間ヒアリングマラソン




 

↑このページのトップヘ