ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

クィーンズタウンは小さな町なので、外食の選択肢は限られています。
カジュアルなお店は色々あるのですが、1度ぐらいはちょっとしたレストランで食事がしたいな、ってことで、ジョシュ・エメットというシェフの手掛けるレストラン、Rataへ。
Rata Facebookページ

3コースのランチが38ドル(ワインとかは別ですが)、クオリティ高いのにかなりお安い。
ディナーはアラカルトなのでもっと高いと思いますが。
こちらは前回ご紹介した、Zenkuroのお酒がリストに載っています。

zenkuro

ソムリエさんがとっても気さくで、ポーズとってくれました。
ピーチ・リキュールと濁り酒をベースにしたカクテルもあるんですって。

tartar

ステーキ・タルタルにワサビ味のスナック豆を合わせた前菜。
ZenkuroのDrip Pressed Shizuku Shibori 雫しぼり純米酒と一緒に頂きました。

southern lsland cheeseroll
ニュージーランド、南島の名物?サザンアイランド・チーズロール、ジョシュ・エメット版。

 porkbelly

wines
私のメインはポークベリー。ニュージーランドのオレンジワインにしたよー。
orange wine
 Tongue in Groove タン・イン・グルーヴ。
個人的には始めて飲むニュージーランドのオレンジワインです(たぶん)。
ポークベリーとバッチリの相性。

夫は同じタン・イン・グルーヴのピノ・ノワール。



スルスルと体にしみこむようなワインでした。

 あ、やっぱり日本の輸入元はワインダイヤモンズさんなんですね。
 凄いなあ、というかさすがです。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

Zenkuroってなーんだ。
Queenstownには、実は酒蔵があるのでーす。



Zenkuro、ゼンクロ、全黒とは
ニュージーランドが誇る、世界最強のラグビー・チームAll Blacksにちなんでつけられたお名前です。
http://zenkuro.co.nz/

私の日本酒のお師匠様、雪乃先生に紹介していただいて、今回訪問を果たすことができました。
今のところ純米酒でオリジナル、絞り、濁り酒、ワカティプ、プラム酒(梅酒じゃないよ)。
自由な発想でモダンなお料理にもどんどん合わせられそうな、とても味わいのあるお酒たちでした。

今のところニュージーランド国内のみの販売のようですが
オーストラリアへの進出も遠くないのでは?!と期待しております。
こちらも詳しくは、Mokaiのメルマガで書きまーす。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから



 



ワナカのバイオダイナミック・ワイナリー、Ripponを訪れました。

前回来た時は一般の客としてささっと15分ぐらい立ち寄ったRipponでしたが
今回はアポイントを取って、あらためてじっくり見せていただきました。




コンポスト用に飼われているハイランドキャトル。
毛が長くてバッファローみたいな角が特徴的。


この藁の下でコンポストが発酵しています。


今回、「一度も畑ではいたことのない靴できてください」と事前に言われていました。
フィロキセラ侵入のリスクを最低限にするためです。
ので、念には念を入れて新品の靴できました。


shoes
履き慣れないコンバース。



まずはテイスティングから。
オシュタイナー、ソーヴィニョン・ブラン、リースリング、ゲヴュルツトラミナー
ピノ・ノワールx3、ガメイ。

オシュタイナーは世界でも植えられているのはこことドイツの一部(らしいが、具体的にはどこか不明らしい)にしか植えられていない希少な品種。
リンゴ、スイカズラ、藁といった特徴がちょっとシュナン・ブランに似ています。

ソーヴィニョン・ブランはしっかりとテクスチャーのある凝縮したタイプ。
古樽で一部熟成しているためです。樽の味わいも香りもついていませんが、噛みたくなるような味わい。
香りはキャピキャピなトロピカルフルーツじゃなくて、もっとエレガントな上品な優しい香りです。

ピノ・ノワールはなんというか、フェミニンな誘惑、そんな感じ。
詳しくは、またMokaiのメルマガで書きまーす。





遠くに見えるのは、Ripponの畑を激しい風から守る、ルビー島。

バイオダイナミック農法のコンセプトはいつ聞いても、しっくりくる。
そこに存在する全てのものが、役割を担っていて
お互いにどちらの方が大事なんてことはない。
この空間にいる醸造家も、セラードアマネージャーも、アシスタントも、ブドウも、牛も、ラベンダーも、みんなみんな同じぐらい大事な存在で
みんながその【輪】で共存し、一部となっている。

cloud

ああ私も、こんな風に、本当の意味で何かの一部になりたいなと強く思う。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!
日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


cloud

 

↑このページのトップヘ