ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

先週末、シドニーは40度超えを記録しました。
毎年最低1,2度は40度超えの日がやってくるシドニーの夏。
今は気温は下がったものの、雨が続いたりして湿気の多く、過ごしにくい日が続いていて
こういう時はやっぱり白やロゼが多くなるのですが
軽めの赤、もおいしいのですよね。



今日のワインはLa Petite Vanguard Grenache 2017
マクラーレン・ヴェイルのグルナッシュ、なのでどっしり重いのかと思いきや、ごくごく軽やかな赤です。
冷蔵庫で少し冷やしからいただきます。
ホールバンチかな。
ちなみに、一緒に写っているのは鶏レバーです。

ジメジメを吹き飛ばしてくれるさわやかさと、食事ともケンカしないテクスチャーと深みがあります。

最近温暖化のせいなのか、オーストラリアの夏はますます暑く過ごしにくくなってきて
健康志向と相まって、食やワインのライト化がますます進んでいく気がします。

こういうさわやかな赤ワインの需要も、これから自然と上がっていくのかな?


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




新年あけましておめでとうございます。
今年最初のワインは、Unico Zeloでした。
バルベラ&ネッビオーロです。



2017年は、すごくたくさんのワインメーカーさんやブドウ栽培家さんや、ワインライターさんにお会いできた、ありがたい貴重な機会がいくつもありました。

夫が怪我で動けなくなった時は、いつも何も言わずに当たり前のように支えてくれる彼のありがたみを改めて痛感しました。


さてっと、今年の全体的なテーマは
Follow my gut feeling
自分の心に正直に生きること。仕事でもそれ以外でも、もし何か決断に迷ったら、理屈ではなく心から素直にやりたいと思うかどうかで決めること。


具体的な目標は

【WSET Educator&APPになる】
そろそろ少しでもワイン産業に、直接的に還元したい。というわけで、今年はワイン教育へかかわっていきたいと思います!そのためにお勉強をまた始めます。また新たなステージへ進めるよう頑張ります。


【運転免許】
去年、年末ギリギリに学科試験に合格しました。今年は一人で運転ができるようになるProvisional 1が目標です。



【書く】
英語で書く機会を増やします。それから、もっと早く書くこと!効率よく、いい文章を書けるように。




WSET Diplomaの現役受験生の方々が、このブログや前のブログを見てくださって
声をかけてくださることも多いのですが
これから受験される方々が、希望を持てるように
厳しい受験勉強をより頑張れるように
結果を残せるよう、今年も色々邁進してまいります!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから





昨日で会社は仕事納め。フリーランスの翻訳とかコラムとかいろいろあるものの、
とりあえずほっと一息です。

さて、クリスマス前にこんなお問い合わせがありました。

Preservative Free(酸化防止剤無添加)と書いてあるワインを買ったらそのバック・ラベルに
Minimum Sulphite(最低限の亜硫酸が入っていますよ)と書かれている。じゃあPreservative Freeじゃないじゃないか?!


うん、わかりますよ。まあ普通はそう思うよね。

亜硫酸はあとから添加する酸化防止剤でもあるけど、発酵の時に発生する副産物でもあるので
たとえ酸化防止剤のワインであっても少量は含まれているんですよ


という一通りの説明をしました。

本音を言うと、こういうやり取りがどうしても増えるので、Preservative Free!とかOrganic!とかデカデカ書いているワインを売るのは正直ちょっとめんどくさいのです。

そういえば先日参加した読書会で、似たようなことを聞かれて
そこから酸化防止剤の話になったのを思い出しました。

ワインを飲むと、酸化防止剤のせいで頭痛がする、みたいなことは、
これまでもいろんな人が言ってきて
そういうことを書いているネット記事もよく見るのですが
これに関して科学的根拠を示す情報を私は見たことがないのです。
確かに亜硫酸は体に良くないですが、それは大量摂取した場合。

亜硫酸じゃなくて自分の許容範囲を超えた量のアルコールを飲んだせいじゃないかと。
あるいはヒスタミンに敏感な人は、赤ワインに含まれるそれに影響されることもあるようですね。

ワインの亜硫酸の量はごく微量に限られていて
喘息を持っている人は時に体調不良を起こす場合があるようなので注意が必要ですが
ワインの酸化や雑菌汚染を防ぐ、ワイン作りの大事な一部でもあります。

なんならドライフルーツや乾物にも使われていますし
ドライフルーツを食べて頭痛がするという話は聞いたことがないので
あまり悪者扱いしすぎないであげてほしいものです。

ちなみにオーストラリアではオーガニック(有機栽培)ワインでも、瓶詰の際亜硫酸が添加されている場合も多々あります。(アメリカではダメらしい)。
単なる感覚ですが、添加量は減らしてるところが多いとは思います。



ちなみにこれはビール、ではなくペットナット。Preservative Freeです。
缶入りのペットナット。結構甘いけど、さわやかな夏のワインです。
Dub Style Bubbly。いただきものだったのですが、375mlの缶が$12だそうです。たかっ。

さて、明日で今年も終わり。
来年も色々邁進していかなくてはいけません。




今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ