ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

ご縁あって、今年なんと3度目のタスマニア訪問中。
タスマニア島でも南部に位置するホバート、日の入りがなんと20時半。ずっと明るいです。

ずっと会いたかったスモールアイランドワインのワインメーカー、ジェームズに偶然会い
「今日このあとインタビューさせて!」とお願いしたらあっさりとOK

47577535_10158245147614657_6758334467087007744_n

言ってみるものですね。
今年初めに出会った彼のワイン。
tiger

4つのピノ・ノワールをテイスティングさせてもらいました。
産地別にブルーがNorth、紫がSouth、そしてタスマニアのピノノワールのベンチマークとなるBlack Label、さらにオレンジのラベルがリザーブ。白いラベルはロゼです。

2017年ヴィンテージも秀逸でした。
アーティストのおばさまがかかれたというタスマニアタイガーを、ペイントの上からプリントしています。
なんとこの出会った前日に恋人と婚約したというジェームズ。
素敵なフィアンセの彼女ともお会いしましたよ。

今年は気がつけば、タスマニアの記事ばかり書いてますね。

47579371_10158244577599657_8692037505203044352_n
楽しいサラマンカマーケットにて。


tas


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

47442127_2131904240185971_1634656233505947648_n

お久しぶりにリリーさんとタロットxワインのコラボイベントやらせていただきます!

クリスマス直前、ということでオーストラリアのスパークリング・ワインを4種類ご用意します。

日時:12月20日(木)19時から
場所:ほんだらけ
Hondarake -Full Of Books-
Suite 204, Level 2, 35-39 Liverpool St, Sydney, Australia 2000
会費:40-45ドル

今回は(も)、オーストラリアの素晴らしいワインの中から4種類を厳選いたします。
内容としては

①シャンパーニュに倣った伝統製法
②イタリア移民がもたらしたシュワシュワ、プロセッコ(グレラ)
③クリスマスにピッタリ?真っ赤なスパークリング
④今話題の「ペット・ナット」って?

という予定です。

お席に限りがありますのでお早めにお申し込みください。
私かたくるしいのがどうにも苦手なテキトー人間ですので、
ワインの勉強会というよりはお気軽に楽しんでいただける「地元スナック」のような空間をめざしております。
もちろんそれぞれのワインの魅力はご説明はさせていただきます。
ワインがお好きな方ならば誰でもウェルカムです。別段知識は必要ありませんのでご安心を。

お一人でのご参加はもちろん、お友達やパートナーとご一緒にでも、お気軽にお越しください。

お申し込みはこちら、もしくはほんだらけさんの店頭にて。
事前申し込みされる場合は若干お安くなります。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから




今から5年ぐらい前に夫が家に持ち返ったワイン
当時ソーヴィニョン・ブランを毛嫌いしていた私に
敢えて夫が買ってきたソーヴィニョン・ブラン。
君が思ってるワインじゃないからと。

クールなラベル、クリーンな味わい。
当時は今ほどメジャーじゃなかったイタリア品種もいくつも造って

インディーズのバンドのファンみたいに
彼らの出すワインは全部チェックしていました。
そのうち日本へも進出して
クラフトスピリッツなんかも作りだして
ますますカッコ良くなっていく彼ら。

でも何年もの時を経てワインライターになって、ようやくプロとして会えた生産者の2人は
ただカッコいいだけのヒップスターじゃなかったんです。
私の想像をはるかに超えたすごい人たちでした。


彼らのワインの根底にあるのは

オーストラリアの文化を定義し表現すること
自然を愛し土地に敬意を払うこと
長期的な目線でコミュニティを育てること
そして自分たちも一緒に成長すること

そんな彼らにライターとして向き合えた
そんな今年はとても特別な年となりました。

記事が掲載となりましたらご案内いたします。

Capture



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ