ワイン生活@オーストラリア

自然大国オーストラリアから、美味しいワイン情報をお届けします。

capture
大好きなUnico Zeloのブレンダンとローラが造るオーストラリアのアマロ、Okar。

capture




オカールは、カンパリみたいなスイート&ビターなリキュールです。
最近流行りのスプリッツやネグローニのようなカクテルのベースにもなります。
最大の特徴はオーストラリアのネイティブ植物をベースに造っていること。



最初にリリースされたときは、もっと苦くて薬草感が強くて
それはそれで大人のビター、という感じで私は好きだったのですが
その後リニューアルしてからは、もっと甘くて可愛い味にリニューアル。
色もより鮮やかなピンクに。より親しみやすい味わいになりました。
夏の夜にパーフェクトなカクテルが癖になり、4本目を購入しました。


このリキュールの背景には、カーター夫妻のコミュニティ愛があります。

彼らがベースとするアデレード・ヒルズのガムラチャには、
ワイン用ブドウに向かない畑であっても
ただ収入のためにブドウを栽培する農家が一定数存在します。
圧倒的に買い手市場であるこの地で、彼らが今後ビジネスとして発展していくことは難しい。
そんな農家に方向転換を提案してオーストラリアのネイティブ植物を植えてもらい
それを買い取ってジンやアマロを造る。
コミュニティと一緒に成長できる長期ビジネスを目指す、それがカーター夫妻。
ただヒップスターなだけじゃなかった彼ら、本当に色んな意味でカッコいい。
capture2
ちなみにTシャツは、カーター夫妻から直接いただいたプレゼント


capture
ブレンダンとのテイスティングセッション。楽しかった!

Okarと蒸留元のUnico Zelo、2018年11月号のWANDS日豪プレスにも掲載いただきました。

Okar_Banner_oct2018_v2


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

今月のWANDSには、ビクトリア&タスマニア紀行の記事を掲載いただきました。
こんな立派な雑誌に記事を載せていただけるなんて
嬉しい。恥ずかしい、恥ずかしい、けど嬉しい。

以前作家の石田衣良さんが、自分の書いたものを目の前で読まれるのは
「パンツを見せるみたいに恥ずかしい」と仰っていて
直木賞作家でもそうなのか・・・と。

自分の未熟な部分もしっかりと見つめて気が引き締まる思いです。
また一歩前へ。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

新年が明けてから全然ブログを更新してませんが
主にケガと締切りに終われておりました。
ケガはまだ治ってませんが、一旦落ち着きました。

ケガについて、ご興味のある方はマラソンブログをどうぞ。


老舗の業界誌、WANDS12月号に記事を掲載いただきまして
引き続き、2月号にも掲載をいただくことになり、その最終のお仕事を詰めておりました。
ようやく少し落ち着いたので、ブログなど、書いてみます。

今思うと2018年はなかなか激動だったのですが
2019年はもっとファスト・ペースで
ガンガン攻めていければいいなと思っています。
まずはケガを治すところから

さて、久しぶりに余裕もできたので業界的にちょっと面白いことなど書いてみようかなとおもいます。
最近オーストラリアで密かに?伸びているのが実は缶入りワインです。

缶入りワインは昔からあるにはあったのですが
そんなにメジャーな分野ではもちろんなくて
パッケージもイマイチあか抜けないものが多い印象でした。

この1年で5倍だかそれぐらいに、主に小売部門で需要が伸びています。


少量のサーヴィング→飲酒量の軽減
軽い、リサイクルが楽→エコ
ステンレスの缶→すぐ冷やせる、割れないので安全
軽い→持ち運びにも便利

という感じで多くの要素が好条件となり
若年層を中心に伸びているそうです。

ロゼやプロセッコの人気も相まって
BBQやピクニックなどでワインを楽しむことも多いオーストラリア
これからも成長が見込まれる分野の一つ。

ワインが食生活の一部となり
だれでも気軽に楽しむスタイルが確立できているオーストラリアだからこそのトレンドかと思います。

缶のパッケージも可愛いものが増え、品質も安定。

以前と違うのは、缶ワインのためだけにワインを造る、のではなく
同じワインを、ボトルと、缶とで、異なるパッケージで提供するというアプローチです。capture

これはフォース・ウェブ・ワインという代理店のもの。
ブランディングが上手なことで知られています。
もともと1本10ドル弱ぐらいのワインを缶でも提供。ガラスのボトルも同じパッケージです。

他に、ジェイコブス・クリークやトレジャリ—・エステートといった大手からも
既存のブランドの缶ワインが発売されています。
主にスパークリング、モスカート、ロゼ、白ワインなど気軽に飲めるワインが主なラインナップです。

レストラン部門では採算が悪いでしょうからあまり伸びは見込めないかもしれませんが

たとえば音楽フェスなどのイベントの時にでも缶ワインは便利ですよね。
なんせ可愛いし。

ちなみに今、缶ワインを世界で牽引しているのはオレゴンだそうですよ。

オーストラリアのワインのトレンド、今年注目のカテゴリーです。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


Love, from Sydney

こちらもよろしく!

Facebookページができました

日本語コンテンツを書いてます
ワインオーストラリア Facebook

ランニングブログ
ランナーズ・ハイ! in シドニー


「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ