Now Where's My Wine?

シドニー在住、ワインライター兼通訳のフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

映画にっきです。

The Hate U Give

Unknown

仲の良い黒人家庭に生まれ、幸せに暮らすスター。
家の周りは昔から黒人が多く暮らす貧しいエリア。
学校は兄とともにご両親の教育方針のために、白人がほとんどの学校へ通う。
スターは家にいる時と、学校にいる時でうまく自分自身をシフトして生きてきた。
学校で白人の友達、ボーイフレンドといる時のスターと
家で家族や幼馴染と一緒にいる時の彼女の仕草や口調が絶妙に変わる描写が、すごくリアルです。

それぞれのコミュニティで浮かないように、うまく馴染む方法が体に染み付いているみたい。
これは多文化の中で生きている自分にも、なんとなく身に覚えがあります。

それなりに楽しく平和に生きてきたのに
彼女の幼馴染の友達が、彼女の目の前で警官に謝って射殺されたことから暴動が始まり
彼女の日常が目まぐるしく変わっていくというストーリー。








主人公役の女の子がすごくチャーミング!
背筋が凍るようなシーンもあるのですが、彼女の笑顔には本当に癒されます。
アメリカの銃社会、格差社会、人種差別、いろんな問題と、家庭愛、友情、勇気。様々なテーマを織り込んだ映画です。

アメリカでは黒人が白人警官に撃たれるという事件がよく起きていて、社会問題になっていると聞きますが
数年前には白人のオーストラリア人が黒人の警官に射殺されるという事件も起きていて
銃がなければこんなに頻繁に人が撃たれることもないだろうにと思うのですが
銃がないならないで、刃物や車で人を傷つける人もいるのも確かだけれど
それでも犯罪率はやっぱり下がると思うんですが。

ちなみにオーストラリアでは96年にタスマニアの銃撃事件をきっかけに銃が厳しく規制されました。




 

 今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

贅沢な雨の朝を過ごした後
ランチにオススメのレストランをゴッセのナタリーさんに教えてもらいました。 

エペルネは本当に小さな町で、モエ・エ・シャンドンやペリエ・ジュエのような大きなシャンパンハウスが並ぶものの
ものすごく観光地化してるわけでもないという印象でした。

Bistrot le 7
オレンジ色の壁に、暖かな雰囲気のあるビストロでした。
古いお屋敷に招かれたみたいな気分になれます。

予約はしませんでしたが、平日だったからか空いていました。
暖炉のすぐそばの席に案内していただきました。


IMG_2904
ホワイトアスパラのテリーヌ♪
IMG_2906
チキンの煮込み

IMG_2907
 旦那さんは仔牛のキドニーの煮込み。
 
午後はゆったりと何もせずに。
この人には一応ご挨拶。

IMG_2908


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから 

マラソンブログも更新しています→映画にっき Brittany Runs a Marathon

パリ滞在中、1日電車に乗ってシャンパーニュへ行ってきました。
パリからさらに北にあるエペルネ、しかもこの日は雨が降って少し寒かったですが
私は雨がそんなに嫌いでもないのです。
私たちが結婚した日も雨でしたし。

しっとりとした小さなエペルネの町に
雨が降っているのも、なかなか情緒があると感じました。

今回ランスではなくエペルネを選んだのは
シャンパン・ハウスのゴッセとアポイントがあったからです。
一般非公開のシャンパン・ハウスですが、今回は同業者の夫がアポを取ってくれました。

IMG_2880

ブランド・アンバサダーのナタリーさんが迎えてくれました。 
ロビーで少し歴史の話を聞いてから近代的なセラーを見せていただく。
IMG_2852
ノン・マロラクティックのシャンパーニュとしても知られるゴッセ。
温度調節のできるステンレスタンクで熟成させます。
 
IMG_2855

そして地下へ。長い長い回廊が続く、とてもとても広い地下セラー。
迷路みたいです。
これがエペルネの町全体の地下にあると思うと、感慨深いものがあります。

IMG_2857
 憧れのシャンパーニュの地下セラー。

IMG_2858
文字通り、宝物がたくさん眠ってます。

IMG_2861
 
IMG_2876
 
IMG_2879
 ミュズレ山盛り。
 
しっかり歩いた後はもちろんゴッセのテイスティング。 

IMG_2900

ゴッセはノン・ヴィンテージも最低3年、ヴィンテージは時に10年以上熟成させるらしいです。

グリーンのラベルはまだこの時点でオーストラリアにも未入荷のグラン・ミレジメ2012年。
この時は4月だったのですが、ちょうどドイツのプロヴァインに出展中で
その時に初お披露目されたものだとか。
あとで自分のノートを見返すとHoney、と一言書いてありました。
芳醇かつ極辛口の贅沢なシャンパーニュでした。


IMG_2889


ブランドマネージャーのナタリーさん。
美しい方でした。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

 

↑このページのトップヘ