Now Where's My Wine?

シドニー在住、現地法人でワインに従事するフロスト結子です。オーストラリアから楽しいワイン情報を発信します。

大好きなご夫婦、タカさんとワナカさんのレストラン、KURO DININGが営業を再開されたので
ランチにお邪魔してきました。

9E1AE1A2-4362-4AE8-B9D8-8157D953ACD2_1_105_c
鴨と蕎麦モミ?であってる?のオントレ
01D47AB3-BEBA-4F71-8039-C9DC996C6E23_1_105_c
メインはサーモン。

5E31177C-C970-4C14-991E-B3F5032A3C9E_1_105_c
抹茶のタルト。私、デザートは普段頂かないのですが
これは甘さ控えめで、中に小豆も入ってて、大変美味しくいただきました。
ちなみにワインは、クリームシェリーを合わせてみましたよ。

お料理も素晴らしいことでは有名なKUROですが
ワインリストも素敵なんですよ。

アデレード・ヒルズのトラデイショナル・メソッドのスパークリングワインを作る
デヴィエーション・ロードをいただきましたよ。
AD232005-F666-4311-9F96-484199654A6E_1_105_c

数量が極々少ないのか
シドニーの小売店ではまだ見かけたことがありません。
が、日本ではオーストラリアワインのスペシャリスト、Down Underさんが輸入されているそうです。
去年のWANDSさんの記事でも少し取り上げさせていただいた、デヴィエーション・ロード。
オーストラリアのスパークリングワインには
安めのNVシャンパーニュよりずっと余韻が長くて凝縮感があって美味しいものが
たくさんありますね。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから


秀逸なピノ・ノワールを作るタスマニアのThe Houghes and Houghesが
ドーンフェルダーを造ったらしいと小耳に挟み
早速取り寄せてみました。

色がものすごく濃厚。
タスマニアのワインだけあって酸がかなりProminent、しっかりと主張しつつもバランスがとれています。
タンニンがものすごくFine、きめ細やかです。
アーモンドのようなナッツっぽい香りと凝縮した濃い紫色のキャラクターがありつつ
エレガントにまとまっていて、冷涼気候のワインだなということはわかります。

私の脳内に「ドーンフェルダー」という引き出しがほぼなかったので
もしこれをブラインドで試飲したとしたらなんだと思っただろうなぁと考えてみました。
何も情報がなかったら、オーストラリアのネロ・ダヴォラかな?それにしては酸が強いかな?
それともものすごくよくできた冷涼気候のシラーかな?と思った気がします。
このナッツぽさが引っかかるけど。
IMG_5670



私のセオリーをここでつらつら展開しても
大半の人にはつまらないと思うのでそれはしませんが
久しぶりに真面目にシステマティック・アプローチを復習しました。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから





最近huluでもドラマシリーズが始まったヒット作 Normal Peopleを読みました。

90573297-B8F5-47FB-970C-88806E733A01_1_105_c

とても読みやすいモダンな小説です。
が。んー。私は良さがよくわかりませんでした。

アイルランドの田舎の高校出身の男女が
ひっついたり離れたりしながらとにかくやたらセックスする話。
ベストフレンドだけど恋人ではない。けど体は求め合う、というような。
40代の私にはちょっとお腹一杯である。

この本大好き!って言っていた友人も複数いたので
人によって好みが違うのか
単に世代の問題なのか。主役は高校生だしな。
アイルランドの高校、大学生活を少しだけ垣間見れたのは面白かったです。

ちなみにワインはウニコゼロのパンダ・パンダ🐼
オフドライのフィアーノです。




Normal People (English Edition)
Rooney, Sally
Faber & Faber
2018-08-28

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

「読んだよ~」の1クリックを。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村




LINEの読者登録はコチラから

↑このページのトップヘ